カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
モリタケ八百秀−鳴門わかめのお店です。−

徳島製粉 本場の味 金ちゃん徳島ラーメン 102g


徳島製粉 本場の味 金ちゃん徳島ラーメン 102g

価格:

167円 (税込 180円)

[ポイント還元 1ポイント〜]
個別包装・内のしの有無:
手さげビニール袋の有無:
その他のし/名入れ記入:
購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

徳島らーめんとは…濃い色の豚骨醤油味に甘辛く煮付けた豚の薄切り肉が特徴です。

●スープと馴染みの良い細麺タイプ。
●ポークエキスをベースにしたコクのある粉末スープをベースに、風味豊かな液体スープを効かせた濃厚感があるのにスッキリした自慢のスープ。
青ネギを加え地元ラーメン店の具材をそのまま再現しました。





原材料名 味付油揚げ麺(小麦粉・でん粉・植物油脂・食塩・しょうゆ・蛋白加水分解物)
肉エキス(ポーク、チキン)醤油・味付豚肉・食塩・動物油脂・糖類・
蛋白加水分解物香辛料・メンマ・酵母エキス・ねぎ・魚介エキス・
昆布エキス・椎茸エキス・調味料(アミノ酸等)・カラメル色素・
炭酸カルシウム・かんすい・増粘多糖類・クチナシ色素・甘味料(ステビア)・
酸化防止剤(ビタミンE)・乳化剤・香料・ビタミンB2・ビタミンB1
(原材料の一部に魚介類・ゼラチン(豚由来)・卵・乳成分を含む)
内容量 102 g(めん 72g)
販売者 徳島製粉株式会社
徳島県徳島市南二軒屋町3丁目1―8

 
標準栄養成分表 1食(75g)当たり
エネルギー 466kcal
たんぱく質 10.8g
脂質 23.2g
炭水化物 53.4g
ナトリウム 2.3g
 (めん・かやく0.7g)
 (スープ   1.6g)
ビタミンB1 0.24mg
ビタミンB2 0.28mg
カルシウム 130mg
                                                (食塩相当量 5.8g)




「徳島ラーメン」とは

「徳島ラーメン」とは

徳島ラーメンショッピング




◆徳島の「中華そば」屋さん

徳島ラーメンは地元では「中華」「中華そば」と呼ばれていました。
その「徳島中華そば」の有名店が新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店し注目され、一躍有名になり全国的に「徳島ラーメン」として定着しました。
 今では徳島市内だけで百店舗以上の専門店がある、といわれ全国屈指のラーメン処となっています。

◆「徳島ラーメン」の歴史

徳島ラーメンの基本は醤油ですが、地元に大手ハムメーカーがあった事で大量の豚ガラが安価で手に入りこってりとしたとんこつスープと合わさり、独特の「とんこつ醤油味」が完成しました。
 また、トッピングとして甘辛く煮込んだ豚バラ肉や生卵がある事が特徴です。そのためかご飯と一緒におかず感覚で食されています。

◆「徳島ラーメン」の特徴

スープは所謂「とんこつ醤油」です。その”かえし”と言われる醤油ダレと煮出したスープ等の割合によって「徳島ラーメン系」「茶系」「白(黄)系」等に分けられています。
特にすき焼きダレのような濃い色のスープと豚バラチャーシュー、生卵のトッピング、おかずにご飯と言うようなスタイルが全国的に話題となった「徳島ラーメン系」は比較的若い人の支持を受け新しいお店が次々と誕生しました。
昔ながらのお店は「茶系」と「白系」が多く地域性があると思います。特に徳島ラーメンのルーツとも言われる「白系」は小松島以南に多くあります。

◆「八百秀 徳島ラーメン」

八百秀徳島ラーメン 豚バラチャーシュー入 1食袋
●本場の味、そのままのおいしさを。
濃厚甘辛。昔ながらの徳島中華そばをイメージして仕上げました。
豚骨ベースのコクのある味に醤油だれを加え、濃厚なのにあっさりとした深い味わいのあるスープ。
更に鶏や煮干などの旨みを加え仕上げに鳴門の焼塩を用いました。しっかりとしたコシのある細めの半生麺と相性の良い味に仕上がりました。
具材には徳島ラーメンの特徴のひとつ特製の豚バラチャーシューがお勧めです。

◆「徳島ラーメン 三八」

徳島ラーメン 三八
●昭和45年、徳島県鳴門市にて誕生。口の中でジュワーっと広がる黄金のスープ、また麺にからむ絶妙の食味は現在もそのまま受け継がれ、連日老若男女のお客様で賑わっています。
黄金に輝く伝説のスープ。徳島が誇る名店の味をとくとご賞味あれ!!

◆「徳島ラーメン 春陽軒」

徳島ラーメン 春陽軒
●「春陽軒」について
 徳島を代表する人気店「春陽軒」は平成5年に今の場所で開業し、先代からの味は二代目へと完全継承されました。
 受け継がれた伝統の茶色のスープは、最初はしっかりとした醤油味を感じ、後からまろやかな甘味が口いっぱいに広がります。
 豚骨、鶏ガラ、昆布など色々な甘味が溶け込んだこの「甘辛スープ」はいつも売り切れ御免となるため、連日お客様の行列が絶える事はありません。

ページトップへ