カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
モリタケ八百秀−鳴門わかめのお店です。−

【ゆうパケット】八勝 淡路島そうめん 250g×2袋 (500g)

長谷製麺

淡路そうめん250g2袋メール便


半田素麺ご試食販売案内
【メール便】八勝 淡路島そうめん 250g(50g×5束)×2袋


●原材料名
小麦粉、食塩、食用植物油

【ゆうパケット】八勝 淡路島そうめん 250g×2袋 (500g)

価格:

680円 (税込 734円)

購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

淡路そうめん

<淡路そうめんの製造について>
八百秀ブログ<淡路そうめん>にリンクします。 
<淡路そうめんの歴史>
 淡路にそうめんが伝わったのは江戸時代、渡九平が三輪からそうめんつくりの秘伝を持ち帰り始まったとされます。
 淡路島の気候風土がそうめん作りに適し鳴門の塩と共に発展してきました。
 淡路手延べそうめんはその成り立ちから玄人筋から細口そうめんの最高級品として評価されております。
<八勝 淡路そうめんについて>
 機械化が進む大手のそうめんにはない昔ながらの製法を受け継ぐ「長谷勝製麺」さんのそうめんは淡路そうめんの中でも逸品です。
 そのそうめんは地元のみならず全国からご好評いただいております

今回はその作業工程をご紹介します。
 
 まず粉を合わせ良く練り団子状にしたものを帯状にします。その表面に綿実油を塗り少しづつひも状に伸ばしていきます。


ひも状の麺をさらに伸ばし室(むろ)と呼ばれる箱に入れ冬の寒い夜に翌日まで熟成させます。







前日の麺を機(はた)に掛け少しずつ伸ばしていきます。



 


 


 
そうめんの細さまで少しずつ引き伸ばし天日干しにします。






 


        
寒風の中、自然乾燥させます。

出来上がったそうめんは長さを揃えて切ります。
そして木箱に入れられ蔵に保存し更にそうめんの歯ごたえとのどごしを良くします。
厳選された素材と昔ながらの手延べ製法で出来上がった長谷製麺 八勝淡路そうめん 是非お召し上がり下さい。


長谷製麺

淡路そうめん


暑気払いに、太すぎず、細すぎず、ほど良い麺線の淡路島素麺
◆八勝 淡路そうめん 250g



暑気払いに、太すぎず、細すぎず、ほど良い麺線の淡路島素麺
◆【同梱OK!!送料無料】淡路島そうめん 3Kg(50g×60束)



八勝 淡路島そうめん 8.75Kg(250g×35袋)※
◆【送料無料】八勝 淡路島そうめん 8.75Kg(250g×35袋)


ページトップへ